2010年06月01日

<障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)

 障害者自立支援法の廃止に伴う新法制定(13年8月)までの暫定改正法案が28日、衆院厚生労働委員会で可決された。サービス量に応じた応益負担ではなく支払い能力に応じた応能負担とし、発達障害を対象とすることなどを盛り込んだ。障害者らで構成する政府の障がい者制度改革推進会議で新制度について議論を進めているさなかだけに、障害者団体幹部は「障害者中心に新法を作る流れが中断されてはならない」と語気を強めている。

 改正法案には▽判断能力の不十分な知的障害者らのために成年後見の利用支援を市町村の必須事業にする▽福祉サービス支給決定前に当事者の意向を反映する仕組みの拡充−−なども盛り込んだ。国会で成立すれば12年4月に完全施行される。【野倉恵】

【関連ニュース】
両陛下:知的障害者施設を視察 神奈川
障害者郵便:引受数9割減に 不正事件で審査厳格化
障害者支援:つなぎ法案、議員立法で今国会成立へ
障害者政策:特別学校を希望制に 改革会議が1次意見書案
余録:震災障害者

少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
課徴金、過去最高の360億円=09年度の独禁法違反処理―公取委(時事通信)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
posted by ナカソネ トシアキ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。